10/19
●一言相場解説

円相場が今、調整をしようとしているだけなのか。
それとも転換していくところなのか。
注目します。
おはようございます
松下です

今、円相場は短期的に迷っている状態です。
こういう状況において、やってはいけない行為は早まった行為です。
あくまでも、動きに合わせて慎重に行動します。
自分が判断できないうちから見切り発射をすれば、
損失を生みます。
慎重に行きたいところです。
少し前に、FXで4億円の申告漏れで1億3900万円の追徴
課税を課せられた記事について書きましたが、今は日本中で
申告漏れがおきているみたいです。
下記記事は10月17日東京新聞の朝刊のものです。
==========================
金融先物の外国為替証拠金取引(FX)を行っていた個人
事業者に対する税務調査で、今年六月までの一年間に計224
億円の所得の申告漏れが見つかったことが16日、国税庁の
まとめで分かった。
ーーー中略ーーー
金融先物取引業協会は4月、取引で得た利益は申告義務が
あることを顧客に注意喚起するよう、FXを扱う業者に通知。
国税庁は、財務省に対し業者に税務署への報告義務を持たせる
よう制度改正を求めている。
FXの取引は1998年の開始以来拡大してきたが、八月の
急激な円高で損失を被った投資家が多く出るなどし、規模が縮小
する傾向にある。
個人事業者全体の所得の申告漏れの総額は、前年並みの
9166億円。調査をした約79万件のうち約57万件で
申告漏れがあった。
業種別で1件あたりの額が最大だったのはキャバレーの
2769万円で、五年連続でトップだった貸金業2684万円を
抑え、初めて一位となった。
========================
FX投資での収益の脱税、申告漏れが全国的に起きているので、
これからは本当に要注意です。
利益が出たらちゃんと申告して、税金を収めましょう。
調査されて追徴課税されると、感情に悪い影響がでて、投資の
パフォーマンスに余計な影響がでてしまいます。 
投資の利益は、負ける事もあるのに、勝って利益を出せときだけ
しっかり課税されるのは納得できない!という気持ちはもちろん
分かりますし、私も基本的には同じ気持ちです。
それでも現実に投資をやる上でのルールなので、私達はそのルール
を受け入れてやっていかなければなりません。
税金を納める事に対して、焦点を変えてみれば、少し楽になります。
投資なので、ほとんどの人は“お金”に焦点が当たります。
もちろん“お金”を増やすために投資をしているので、
当然といえば当然なんですが。
"お金”に当たってる焦点を“スキル”に変更してみてください。
お金は使えばなくなります。
だから税金で持っていかれるのが、悔しくてたまらなくなります。
でも、スキルにフォーカスしてみたらどうなるでしょう。
一度投資で利益を出し続けるスキルを身につければ、資金さえ
あればいくらでもお金を生む事ができます。
その可能性は一気に無限に広がります。
スキルはなくならないんです。
税金で取られても、また増やせばいいだけです。
相場に利益を上げるサインが見えて、どう行動を取れば利益
を得る事ができるのかが分かるんですから。
お金にフォーカスしていると投資力はなかなかつきません。
一つ一つの取引に対して、いくら儲かった。いくら損した、
とお金のアップダウンに感情やエネルギーを奪われても
スキルはつかないからです。
残念ながら損をしている投資家ほど、“お金”に焦点が
当たってしまっています。
「今日は投資で5万円負けてしまった。」
「昨日は8万円負けてしまった。」
「明日は、13万円取り戻さなくては・・・」
残念ながら“お金”に焦点が当たっている限り
投資のスキルは身につきません。
まずは、損失が続くその悪いスパイラルから脱出し
なければなりません。
相場の動きに集中します。
「このアップの波をとっていくためにはどういうサインをみて、
どう行動していけばいいだろう。」
「このダウンの波を取れなかったのは、なぜだろう。
なぜここで、無駄な損失を出してしまっていたんだろう。」
そういう事にフォーカスした方がよっぽどスキルは身につきます。
そして、スキルがついてくれば、お金を相場からいくらでも作り
出す事ができます。
今自分はお金にフォーカスするのか?
それともスキルにフォーカスするのか?
どちらか選んでください。
スキルにフォーカスする人はこちらから投資DVDを見て
学んでください。


デイトレードVSスイングトレード

松下誠


依然として、流行っている投資法としてデイトレード
という手法があります。
1日の間で、何回も何回も注文を入れて小さく利食いをして、
1日の終わりには、すべてのポジションを決済するという手法です。
それに対して、一度注文を入れたら、数週間から数ヶ月の間、
ポジションを持ちっぱなしのスイングトレードという手法があります。
どちらも一長一短で、デイトレの場合は、小さく利食ったり、損切ったり
するので、一度に大きく負けることはあまりありません。
その代わり毎日、相場に張り付いているので、とてもしんどい投資法です。
それに対して、スイングトレードは一度入れて上手くいくときはずーっと
利益を取れます。ただ急な相場の変化には対応しにくい投資法です。
一日に決まった時間だけ相場を見ていればいいので、とても楽な投資法です。
で私がデイトレとスイングトレードでどちらを推奨しているかというと、断然
スイングトレードです。
デイトレではありません。
特に日中、仕事や家事で忙しい人はデイトレはやるべきではないと思っています。
私はデイトレはほとんどしません。
値動きが大きい暴落時や大きな値幅の持合い相場などでは稀にデイトレも
しますが、基本的にスイングトレードをしています。
でも私がスイングトレードをしている一番の理由は相場の波を取っていく
“サイクル理論”を使っているからです。
この“サイクル理論”は日本で使っている人はあまりいないのですが、
とても有効な投資理論です。
サイクル理論は、統計学によってつくられたもので、自然界の法則として
一定の周期に合わせて波が形成されるという理論に基づいています。
実際に、チャート画面を見ていると、アップトレンドがあったり、ダウントレンドが
発生していたり、法則性も無くランダムに波を形成しているように見えて、実は
法則性をもってアップとダウンを繰り返しています。
だからその法則に合わせて、相場に参加すれば、利益が出るという事です。
7月の頭くらいから、大きな下落が来るという事をメルマガで取り上げてきま
したが、その理由もこのサイクル理論に基づいています。
そして、“波の形に合わせる投資”というのが一番きれいにでる期間が中長期
投資だからです。
さらに、大きな相場の流れは、数年間続く事もありますがその数年のアップ
トレンドやダウントレンドに乗ることも できるからです。
2004年から投資を教えていますが、受講生の人達は中長期から大きな数年
続くアップトレンドに乗っている人達もたくさんいます。
190円台のポンド/円を買っている人もいますし、ポンド/フランの底値を拾って、
ずっと持っていて、毎日スワップ金利を得ている人達もいます。
ポンドが190円台まで戻る事は、大きな流れの転換が起きない限りありませんので、
それまではずーっとスワップ金利を受け取りながら為替の差益を受け取る事ができる
という事です。
スワップ金利を最も安全に受け取る方法は、“相場の大きな流れに乗る事”です。
今は、スワップ金利派とか、差益派という言葉があるようですが、為替差益を取る
トレードにはスワップ金利は、オマケでついてきます。
そして、大きな相場の流れに乗れたときの為替差益はスワップ金利 よりも数十倍
利益を生んでくれます。何もせずに勝手に生んでくれます。
中長期投資には、超長期(そんな言葉があるのか知りませんが)投資も含まれて
きます。そして超長期投資が実現できている場合、そこには利益しかありません。
(もちろん超長期の塩漬けは除きます。)
そういう投資の“絶対ゾーン”とも呼べるものがスイングトレード (中長期投資)の
延長線上にはあります。 そういう“絶対ゾーン”というものはデイトレにはありません。
デイトレは、いつまでたってもデイトレです。
売買を止めた途端から、利益も損失もなくなります。
スイング投資を数年続けていれば、大きな相場の流れを何度か掴む事ができます。
(サイクル理論を使えばかなりの確率で乗れます。)
そうすれば、毎日、利益がストレスなく生まれてきます。
スイング投資は私のなかではそういう位置づけで実際にそう実践しています。
そして何よりも“楽”です。
毎日、相場に張り付かなくてもいいですし、
(実際、相場は張り付いていてもほとんど動きません。)
一日ほんの少しの時間を投資に使えば、利益になります。
事実、投資の現場では、ほとんどが“待ち”時間です。
今日も円相場は、持合いを続けています。
何かしますか?
何もしません。
持合いを放れるのをひたすら“待つ”だけです。でも別にパソコンの前でじっと
待っていないといけない訳ではありません。
仕事をしたり、家事をしたり、子供の世話したり、遊びに行ったり、何でもできます。
だから忙しい人でも、暇な人でも、誰でも出来てしまいます。
それが中長期のスパンを取っていく、スイングトレードです。
誰でもできる投資なので、私もやっていると言った方が正しいかも知れません。
才能が必要な特殊な投資法であったら、はなから私はやりません。
ただ、何でもそうですが、覚えるのに最初、少しエネルギーは要ります。スイング
投資もそうです。
でも一旦覚えてしまえば、後は自動的にできるようにもなってきます。
相場を見て、買えるタイミングじゃなければ、今日は取引なし。で何もしない、
次の日になって、相場が変わっていなかったら、今日も取引なし。で何もしない、
そして 相場に転換が見られたら、カチっと注文を入れる。
基本的にはこれの繰り返しです。
最初は、その相場の転換を判断できるようにならないといけないので、判断できる
ようになるまで、エネルギーを注がなければいけません。
でも、その後10年、20年続く投資の利益から考えたら、今、ほんの少し投資力を
つけるのに、エネルギーを注ぐ事は大した事ではありません。
そう思える人は、ずっと相場で利益を上げ続けます。
松下誠

福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、
個人投資家として、投資はじめる。
開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、簡単な利益の
上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。
彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた
個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。
現在、投資スキルを身につける 有料会員サービスも行っており、
現在1300名以上の個人投資家が参加している。
詳しく知りたい方はこちらから


■2007/10/17

「損切りが続くときの対処法」
●一言相場解説
昨日、ヨーロッパ時間がオープンしてから、急激な
円高の方向へ動きました。
この下落がどう今後に影響を出していくかは、要注意です。
おはようございます
松下です

昨日起こった円相場の下落には少し注意をして
対応していきたいところです。 
今日は、レポートの購読者の人からとてもいい質問を
頂いていたので、損失が続いたときの対処法について
書いていきます。サブプライムのような暴落が起きたときに、その暴落から
身を守るために、もっとも大切な行為は損切だという事は
何度もメルマガでも書いてきました。 
損切はとても大切な事ではありますが、根拠ある損切が
できていない場合や、相場の状況によっては、損失が続く
事があります。
それでも損切を設定しないという選択肢はありません。
そこだけはもっとも大切な事です。
そして、いつも私が会員の方や、セミナーなんかで、お伝え
している具体的な方法なんですが、
「1回のトレードにおける損失を自分の総資金の2%以内に
抑える」という考え方があります。
私は単純に、「2%ルール」と呼んだりしています。
この「2%ルール」ですが、これは1つの大きなメッセージです。
それは、繰り返しになりますが、
「投資で利益を上げるために、自分で自分の資金に
とって最もふさわしい損切りを決定し、かつ徹底して
実践してください。」というメッセージです。 
まずはとにかく、自分で自分の資金を増やすために
適切な損切りを知り、決定し、そして徹底して実践
していく事が大切です。 
それが人によっては、「2%」かも知れませんし、ある人に
とっては「1%」かも知れません、それは自分で決めて
いかなければなりません。 
次に「2%ルール」を実践していく際の疑問点で、
「100万円で開始して、80万円に減少したときはどう
するのか?」といったものが出てきます。
当然最初は100万円の2%(20,000円)で損切りや売買量を
設定するわけですが、損切りが続いて80万円になったときは、
そのまま100万円に対しての2%(20,000円)でいいのか? 
それとも80万円に対しての2%(16,000円)なのか?という
疑問です。 
これについては自分の中一度、考えてみてください。
「自分はこのまま2万円の損切りを続けていて、資金を
増やすことが出来るのか?」と。 
おそらくこのケースでは、80万円の2%(16,000円)に
した方が良いでしょう。 
もっと踏み込んで考えれば、100万円で20万円の損失を
出したということは、10回のトレードで損切りが続いた
ということになりますので、、80万円の2%(16,000円)に
リスクを減らすのではなく、一旦投資を中止した方がいいです。 
その上で、「自分の損失の原因は何か?」の究明を始めます。
 例えば、
○損切りの設定がおかしいのか?
○エントリーポイントが悪いのか?
○銘柄選定が悪いのか?
○トレンドの認識が間違っているのか?
○自分がルール通りに行なっていないのか?

等々、色々な角度から検証します。 
その上で、原因が特定されてきて、毎日の相場の中でシミュレ
ーションを繰り返すうちに、自信が回復した時点で投資を
再開します。 
その時の再開の方法も様々です。
これまで、10回連続で損失を繰り返してきましたので、
リスクを避けたいところです。 
例えば、1回のトレードの損切りを1%(8,000円)に設定したり、
あるいはもっとリスクを低くするために、3回のチャンス
(3銘柄のチャンス)に1回だけエントリーしたり、(リスク
を1/3に限定できます)、色々とコントロールできます。 
投資家(トレーダー)はどうしても失った損失を
取り返そうとします。 
具体的には、100万円で20万円を失えば20万円の
利益を上げようとします。
しかし大切なことは、
「損失を取り返すことではなく、利益を上げる投資を
作ること」です。 
まず最初のステップはそこです。
その「利益を上げる投資」が完成すれば、いつか
20万円の損失を取り返す事はできます。
私は1500万円を失った時に、それを取り返そうとは
しませんでした。
目の前にある、小豆1枚の注文で11万円の利益を上げる
ことに徹底しました。(6万円の証拠金で11万円の利益を
上げたのです。)
そうやって今の投資を創り上げて来ました。
もちろん皆さんには私のような損失を味わって
欲しくはありません。 
だからこそ、自分で自分の損失を決めて
欲しいと思います。
「本当に今利益を上げることが出来るのか?」
「この損失を出していていいのか?」
「この手法を続けていていいのか?」
「本当に投資をするのか?」 
色々な問いかけを自分にする事ができます。
もし、その問いかけに答えが出てこない場合は、
投資を一度しっかりと学ぶ必要があります。
答えを見つけないまま、投資を続けていると損が膨らんで
いくだけだからです。 

投資を真剣に学ぶ人のための投資DVDはこちらから

松下誠 

PS
今、相場は動き出しています。
この状況で慌てて行動するのではなく、冷静に
取るべき行動を取っていきます。


■もし、あなたがDVDを見ることができるなら朗報です!
■"インターネットで売れる商品を簡単に作る方法"が収録されたセミナー
DVDを1000本限定で無料配布しています。
■このDVDでは、今年に入って一日平均117万3千円を売っている男がい
 かに簡単に売れる商品を作っているかをすべて公開したものでセミナー参加
 者の3人に2人が29800円以上で売るべき!と言った無料DVDです。
■配布後、わずか半日で227本がなくなっています。無料配布分1,000本が
 無くなる前に、今すぐゲットして下さい。
http://tinyurl.com/2pnhet

あの人はなぜ、いつも成功するのか?


無料レポート
『あの人は何故、いつも簡単に成功するのか?』
http://www.Drmaltz.jp/free_report.php?jvcd=10970

■何故、ある人は簡単に成功して、
ある人はいくらがんばっても成功しないのでしょうか?


■何故、ある人はどんな環境に生まれても
お金持ちになって、ある人は貧乏になるのでしょうか?


■何故、ある人はどんなに環境が良くても
不幸になって、ある人は環境が悪くても幸せなのでしょうか?


■何故、ある人はたくさんの人に好かれて、
ある人は嫌われるのでしょうか?


■何故、ある人は頑張らなくても目標を達成して、
ある人はいくらがんばっても達成できないのでしょう?


人生におけるこのような大きな違いに興味はありませんか?
そして、その違いをあなたの人生にも使ってみたいと思いませんか?


それは、1950年代の事です。
当時、世界的に有名だった形成外科医のDrモルツ博士は、
これらの違いは“ある事”から来ているという発見をしました。


その発見は心理学史上最大の発見と呼ばれています。


欲しいものを何でも手に入れてしまう人、
仕事をきちんとやり遂げる人、
目標をどんどん達成して常に前に進んでる人と、


そうでない人の違いはDrモルツによって明かされ
サイコサイバネティクスという体系にまとめられました。


この作品は全世界で瞬く間に大ヒットして
現在までになんと3500万部のベストセラーとなっています。


そして今日、最高のタイミングで
あなたの元にこのメッセージが届きました
無料レポートという形で。


全世界で3500万人が体験
この科学的に証明されたメンタルテクノロジーで
すぐに簡単に努力なく成功する方法を手に入れてください。


無料レポートを今すぐダウンロードするには
http://www.Drmaltz.jp/free_report.php?jvcd=10970

レポートを読んだ人からこんな感想ももらっています。


"私は、5年前に186万円出して、ナポレオンヒルの教材を購入し、
「積極的な心構え」「深層自己説得」など、学びました。
このレポートは、無料なのに上記の2つと、
それ以上のモノをもたらしてくれます。 "
藤井さん


感激!頭の中がすごくクリアになりました。新築住宅やリホームの
仕事をしていますが、売上が上がらずチラシだ、小冊子だ、DMだ、
ニュースレターと半端に動いていますが、腹をくくったつもりが
続かず成果なし。  自分の足らないものに気付きました。
やまねさん


"小川様、 素晴らしい内容でした。この方法を知ることによって、
多くの方々が救われるんではないでしょうか。"
濱崎さん


"早速、読ませて頂きました。 全ての内容に納得です!
今迄、成功プログラムを学んでも、一時的に「プラス思考」に
なれるだけで結局元の自分に戻っていました。
このレポートを読む数分前まで、努力しても成果が上がらない
自分を責めていたところでした。。。
今、この感想を入力している時点で、自分は変わったと思います。
何故なら、今迄は、レポートを読んで「ふ〜ん。なるほどねぇ〜」で、
終わっていたからです。
感想を書いたり、行動に移すまでに、かなりの時間がかかる人間
だったからです。
このレポートは、同じ悩みを持つ人に読んでもらいたいです。
私は、自分の妻に読ませてみようと思います。
ありがとうございます!救われました!"
佐保さん


無料レポートを今すぐダウンロードするには
http://www.Drmaltz.jp/free_report.php?jvcd=10970

-----------------


4億円の価値を得るたった1つの方法

8月24日、FXで1億3900万円の所得税の脱税をした主婦の方
に懲役1年6月、執行猶予3年、罰金3400万円が課せられる
判決が下されました。


FX投資をしている私達にとっては、決して他人ごとではない
衝撃的な記事です。



下記がそのニュース記事です。

====================


FX脱税の主婦に有罪=売買利益4億円隠す−東京地裁

個人投資家向けの金融商品「外国為替証拠金取引」(FX取引)
などで得た所得を隠し、所得税約1億3900万円を脱税したとして、
所得税法違反の罪に問われた東京都世田谷区の主婦池辺雪子被告(60)
の判決が24日、東京地裁であった。


佐藤卓生裁判官は「脱税した金を着物や宝飾品の購入や旅行に使う
目的で犯行に及んでおり、納税意識は極めて低く、動機に酌むべき
事情はない」と述べ、池辺被告に懲役1年6月、執行猶予3年、
罰金3400万円(求刑・懲役1年6月、罰金4200万円)を
言い渡した

yahooニュースより引用

====================


この記事を読むと私達は、



「すごい利益を出してうらやましい」

とか、


「なんでそれだけ稼いでいるのに、脱税なんかするんだろう。
稼いでいるんだったら、少しぐらい税金を取られても、まだまだ
億単位のお金が残っているじゃないか。」


「出て行くお金ではなく、残るお金に焦点を合わせればいいのに。」


とか思ってしまいます。


私の尊敬する投資家の松下誠さんは、ご自身が配信しているメルマガの
中で、なぜ、このような脱税をしてしまったのか確信をついた重要な
メッセージを伝えてくれました。


決して他人事ではない重要な事なので松下さんの許可の下
私のメルマガで紹介させてもらうことにしました。

下記が松下さんのメッセージです。

================

先日、FXで1億3900万円の所得税の脱税をした主婦の方に
懲役1年6月、執行猶予3年、罰金3400万円が課せられる
判決が下されました。


税金を払わなかったという事を除けば、売買利益で年間4億円も
出しているというのは、かなりのツワモノトレーダーなのか、
ものすごい強運トレーダーのどちらかだと思います。


なぜこの人は脱税をしてしまったんでしょうか?


利益としては十分すぎるほどの金額を上げていて、1億3900万円を
税金として払ったとしても十分すぎるほどのお金は残ります。


それでも脱税をしてしまったのには、大きな理由があります。




このことはすべての投資家に共通しますし、しっかりと認識して
おかなければ、同じ過ちをおかしてしまう可能性もあります。



それは【恐怖心】です。

恐怖心が脱税をさせている可能性があります。




この人は表面的には認識していないかもしれないし、もちろん違うかも
しれないのですが、この人は【恐怖】だったんじゃないかと思います。



4億円も利益を出している人が何に恐怖する必要があるのか?


と一般投資家のほとんどが思ってしまいますが、この恐怖は
金額の大きさに関係なくありますし、大きくなれば大きく
なるほど逆に大きくなるものかもしれません。



それは【失う】ことへの恐怖です。



4億円なんて凄い大金なんだから少しくらい減ったって、
全然平気じゃないかと思ってしまいますが、一度4億円を手にして
しまうと、その金額が徐々に徐々に減っていく事は、実はメンタル的な
強さがなければ、耐えられないほどの恐怖なんです。



これは、投資を実際にしている人なら、金額こそ違いますが、
近い経験をしています。



それは【含み利益】です。
(含み利益とは確定していない見込みの利益のこと)



自分が持っている通貨が上昇すると、含み利益が増えていきますが、
最終的に利益を確定しなければ、実際にお金は入ってきません。



たとえば100万円の含み利益が出ていて、まだ上がるかもしれないと
利益確定せずに置いておいたら、流れが変わって、含み利益が60万円
まで減ってしまうと、なぜか40万円損した気分になります。



実際は60万円の利益になっているのにです。
こういう感覚はすべての投資家が経験していると思います。



もちろん同じレベルの話ではありませんが、たとえ4億円あっても
失うことはやはり【恐怖】だという事です。



多くの人が4億円もの大金があれば、幸せな毎日を送っている
だろうし、不安とか恐怖なんて何もないと思ってしまいます。



でも結局は金額の大きさではないんです。
失うことは恐怖であり、お金に対するストレスなんです。



ではどうすれば、恐怖や不安から開放されるのでしょうか?



4億円もの大金を持っても、お金を失う恐怖から開放されない
んだったら、もっともっと少ない私たちはどうしたらお金の不安や
恐怖から開放されるんだろうか?って思ってしまいますね。



1つだけその恐怖から開放される方法があります。
その方法があれば、4億円なんて必要ではありません。


恐らく恐怖心を克服するには、この方法しかないと思います。



それは、【絶対的に信頼できる投資スキル】と【自信】を身に
つけてしまうことです。



4億円を手に入れてなくても、投資をする限り、確実に
自分は利益を上げる事ができるという“ゆるぎない自信”
があれば恐怖を感じることはありません。



“いつでもお金を増やす事ができる”から安心できるんです。
金額の大きさではありません。



この主婦の方も、1億3900万円も脱税しなくても、また
その残った2億6000万円の利益の一部を資金にしてさらに
お金を増やすことを考えればよかったんです。



もしかしたら、この人は“ツワモノトレーダー”ではなくて、
“強運トレーダー”だったのかもしれません。



まぐれで4億円を稼いだんだったら、そのお金は使えばなくなるし、
その資金を使って、さらに増やす自信もなく、恐怖も大きかったの
かもしれません。



私は1年で4億円もの利益は出していませんが、恐怖心はまったく
ありません。



それは投資をしている限り、利益を上げられる“絶対の自信”と
裏打ちされたその“投資スキル”があるからです。



そして、今の世界の経済システムが、がらっと変わらない限り
【相場】がなくならない事を知っているからです。



さすがに相場がなくなると投資スキルを持っていても、活用する場
がなくなりますが、相場が世界からなくなることはないでしょう。



そうすると、私はずっと利益を上げ続けることができるんです。
たとえ日本経済が破綻しても、事故で私の体が半身不随になっても
大丈夫です。


だから恐怖心はまったくありません。



相場をずっと見ていなくても、稼げるポイントと、そうでない
ポイントも明確に分かるので、一日にほとんど投資に時間を
つかう必要もありません。



子供と遊ぶ時間の方がずっと長いくらいです。(笑)


だから、お金の恐怖から開放されたいのであれば、お金を
手に入れるスキルを身につけることです。



4億円は1年や2年では手に入らないかもしれません。


でも、投資スキルはまずしっかりと学んで、それと同時に
1年ほど実践すれば、相当スキルは身につきます。




スキルが身についたときには、いつもお金の事ばかり考えて
いた自分が、お金の事を忘れて“子供と過ごす時間”に集中できたり
家族や友達と過ごす時間を大切にする事ができます。



税金でたくさん、お金を持っていかれたら、また相場から稼がせて
もらえばいいと思えるようになります。



なんとかして利益を隠して、税金を持っていかれるのを防ごうと
する必要もなくなります。


投資スキルは個人差こそあれ、学ぶ人には、必ず身につきます。


投資スキルを身につけるのに時間がかかる事は大したことではありません。
時間をかければいいだけです。まずはスキルを身につけましょう。


なんと言っても投資スキルさえ身につけてしまえば、4億円を手にした人でも
得られなかった“絶対的な安心”を得る事ができます。


================================

松下さんは、投資のスキルを上げるために重要なメッセージを
いつも配信してくれています。


先日起きた米国のサププライム問題による円相場の大暴落も、
自身のメルマガや有料レポートサービスで警告してくれて
いました。


実際松下さんの有料レポートを購読しているしている会員の方は
円相場の大暴落で大きく利益を上げたそうです。


4億円以上の価値のあるスキルを身につけたい人はこちらを
クリックして下さい。
http://tinyurl.com/2pnhet





PS
下記のサイトでメールアドレスを登録すれば、投資スキル
を身につけるのに役に立つ情報が毎日無料で配信されています。


松下さんのメルマガは下記から購読できます。
http://tinyurl.com/2pnhet



PPS
日本の投資家のほとんどは大暴落は終わったと思っています。
しかし円相場の大暴落は実はまだ、“始まり”にすぎない可能性
すらあります。



大多数の日本の投資家と違う行動をとって、大きな利益を得たい
と思う人は下記をクリックして下さい。
http://tinyurl.com/2pnhet


癒しの言葉TOPへ
inserted by FC2 system